Mindslide
from January 2008
カウンター



プロフィール

unknown

Author:unknown



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

あわせて読みたい



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sensory Overdrive / Michael Monroe
センサリー・オーヴァードライヴセンサリー・オーヴァードライヴ
(2011/03/16)
マイケル・モンロー、レミー・キルミスター 他

商品詳細を見る

個人的な音楽遍歴からして、Michael Monroe と
Ginger の融合というのは、これ以上ない特別な
組み合わせだった。ただ、その思いに反して新作
に対する期待値はそれほど高くはなかった。
Michael Monroe Band という名義において Ginger が
楽曲面でどれほどの貢献をするのか不確かだったし、
Michael Monroe のコンポーザーとしての能力も
一時期の輝きを失いかけていたからである。
いつものようにつまらないアルバムを出して、
Hanoi Rocks の楽曲を披露するだけのライブで
お茶を濁すというのが大方の予想だったと思う。

という長い前ふりはさておき、届けられた新作は
そういった不安を一掃してくれるだけのパワーに
満ち溢れている。本作は Ginger が単独で作曲した
2曲をはじめ、ほとんどの楽曲で Ginger が筆頭に
クレジットされた楽曲で構成されている。よって
かなりの楽曲において Ginger 節とも言えるような
サウンドに Michael Monroe の荒削りなボーカルが
乗っかるという理想的な展開を見せている。

全13曲でわずか38分、ほとんどの楽曲が2分台と
コンパクトなアルバムに仕上がっているのもプラスに
働いている。癖のある北欧R&Rにポップなメロディが
加わり、どことなく Backyard Babies のような匂いも
漂わせるバンドになったようだ。早くライブが観たい。

評価:★★★★


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mindslide.blog98.fc2.com/tb.php/1986-0035a36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。