Mindslide
from January 2008
カウンター



プロフィール

unknown

Author:unknown



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

あわせて読みたい



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻夜
幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
(2007/03/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る

阪神淡路大震災を背景に、陰の人生を
共に歩むことになった男女の生涯を描く
長編小説。ミステリー要素はあまりないが
『白夜行』の完成度に匹敵する出来。

エンディングにかけて美冬の正体を暴いていく
雅也への感情移入と、壮絶な(本シリーズでは
当然の?)エンディングに息をのんでしまう。
最後の解説を読んで本当の続編と気づかされる
くらい、一つの作品としても完成している。

評価:★★★★


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mindslide.blog98.fc2.com/tb.php/2207-9a908002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。